類似サイトにご注意ください!

当サイトの情報をコピーした、類似サイトがインターネット上にアップされていますが、
当認証制度を主催する三重県とは一切関係はございません。ご注意ください。

賓日館

ヒンジツカン

館内のガラス戸を開放して換気に努め、館内の主要箇所は1日3回消毒、窓口ではシールドで間仕切り、お金の授受にはトレイを用い、事務員も事後には必ず手指の消毒を実施しています。自動手指消毒機を玄関はじめ館内に4か所設置、玄関では自動検温機で検温してからマスク必携で入館いただいています(マスクなしの方には窓口で進呈)。入館人数も40名に制限し、館内見学も一方通行としてお客様同士の対面を極力避けています。

観光施設の感染症対策について

1.主に来場者への感染予防

(1)入場・退場・支払
見出し
来場者の検温を実施している。
具体的な方法
サーモグラフィ
見出し
発熱や体調不良等がある来場者は、入場しないよう要請している。
具体的な方法
入口での掲示
見出し
入退場時の密を回避する対策を行っている。
具体的な方法
券種やゾーンごと等の段階的な入場時間の設定
具体的な方法
注意喚起の案内表示
見出し
入口に消毒設備を設置し、入退場時等に手指消毒を実施するよう要請している。
具体的な方法
掲示物や立看板による掲示
見出し
チケット売り場等、窓口での飛沫感染防止対策を行っている。
具体的な方法
透明ビニールカーテンの設置
見出し
支払い時の感染防止対策を行っている。
具体的な方法
コイントレイの活用及び定期的な消毒
見出し
基本的な感染防止対策について注意喚起を行っている。
具体的な方法
掲示物や立看板による注意喚起
(2)施設利用
見出し
施設内の密を回避する対策を行っている。
具体的な方法
入場者数の制限
見出し
順番待ち等により列が発生する場合は、グループごとに1m以上空けるようにする。
具体的な方法
注意喚起の案内表示
見出し
トイレ利用時における注意事項について周知を行っている。
具体的な方法
掲示物による注意喚起

2.主に従業員の感染予防

見出し
従業員と常に連絡がとれるようにしている。
具体的な方法
緊急連絡網の作成
見出し
従業員の体温・体調をチェックしている。
具体的な方法
業務開始前に検温・体調確認を実施
見出し
マスク着用を遵守し、大声での会話を避けている。
見出し
手指消毒や手洗いを徹底している。
見出し
接客にあたっては、対人距離確保等の感染対策を行っている。
具体的な方法
来場者の正面に立たないよう注意し、対人距離をできるだけ2m(最低1m)以上確保する。
見出し
ユニフォームや衣服はこまめに洗濯している。
見出し
従業員に対し、感染症予防等に関する教育・情報共有等を行っている。
具体的な方法
従業員向け研修の実施

3.施設・設備の衛生管理の徹底

見出し
十分に換気を行っている。
具体的な方法
窓の開放により行っている。
見出し
他人と共用する物品や複数の人の手が触れる設備等を、定期的に清掃・清拭消毒している。
具体的な方法
アルコール消毒液を使用した清拭消毒
見出し
ハンドドライヤー、共通のタオル等の使用に関し、適切に対応している。
具体的な方法
ハンドドライヤー、共通のタオルの使用を禁止し、代わりに個人用のタオルを用意
見出し
ゴミを回収する者の感染防止対策を強化している。
具体的な方法
マスク及び手袋を着用して作業し、作業後に手洗い・手指消毒を実施
見出し
ゴミ、リネン類等を回収する際に飛散しないよう対策をしている。
具体的な方法
ビニール袋に密閉して処理

4.取組の見える化等

見出し
感染防止対策を講じていることを周知している。
具体的な方法
ホームページで公開
具体的な方法
施設内の見やすいところに掲示

5.感染疑いがある場合の対応

(1)来場者に感染疑いがある場合等の対応
見出し
来場者が感染疑いのある症状となった場合、初期対応を適切に行っている(行うこととしている)。
具体的な方法
初期対応について従業員に周知
具体的な方法
初期対応にかかるマニュアルの策定
見出し
来場者に感染疑いがある場合、「受診・相談センター」へ連絡し、その指示に従っている(従うこととしている)。
具体的な方法
連絡方法等について従業員に周知
具体的な方法
連絡方法等にかかるマニュアルの策定
見出し
保健所が行う感染者追跡調査等の結果、感染者が施設を利用していたことが判明した場合、感染拡大防止対策を適切に行っている(行うこととしている)。
具体的な方法
判明した場合の対応方法について従業員に周知
具体的な方法
判明した場合にかかるマニュアルの策定
(2)従業員に感染疑いがある場合等の対応
見出し
従業員が発熱・風邪症状・体調不良の場合は、出勤停止(自宅待機または帰宅)させている。
具体的な方法
発熱等の対応方法について従業員に周知
具体的な方法
発熱等の対応方法にかかるマニュアルを策定
見出し
従業員が感染もしくは感染疑いがある、濃厚接触者として判断された場合は、就業を禁止している。
具体的な方法
感染等の対応方法について従業員に周知
具体的な方法
感染等の対応方法にかかるマニュアルを策定
見出し
従業員に発熱・風邪症状・体調不良、感染疑いがある場合の対応を従業員に周知徹底している。
具体的な方法
従業員が、発熱・風邪症状・体調不良、感染の疑いがある場合は検査結果が判明するまで出勤を控えることなど、感染拡大を防止する上で適切な行動を徹底できるよう、会議や打合せの場で周知
見出し
従業員に感染疑いがある場合、「受診・相談センター」へ連絡を行うなど適切に対応を行っている(行うこととしている。)。
具体的な方法
「受診・相談センター」への連絡について従業員に周知
具体的な方法
「受診・相談センター」への連絡にかかるマニュアルの策定
見出し
従業員の感染が判明した場合の感染拡大防止対策を適切に行っている(行うこととしている)。
具体的な方法
判明した場合の対応方法について従業員に周知
具体的な方法
判明した場合にかかるマニュアルの策定

6.施設ごとの選択項目

展覧会の実施
展示室内及び展示エリアにおける飛沫感染防止対策を行っている。
具体的な方法
会話制限の要請
公演・イベント
支払い時の感染防止対策を行っている。
具体的な方法
手指消毒の徹底(金銭の受け渡し前)
公演・イベント
来場者と出演者が接触するような機会を削減している。
具体的な方法
来場者と出演者(着ぐるみも含む)が接触するような演出(来場者をステージにあげる、ハイタッチをする等)は控える。
公演・イベント
公演等に係るチケットおよびグッズを対面で販売する場合、飛沫感染防止対策を行っている。
具体的な方法
透明ビニールカーテンの設置
公演・イベント
休憩時間や待合場所等での密を回避する対策を行っている。
具体的な方法
人員の配置による来場者の誘導
公演・イベント
施設内でイベントやスクール等を実施する場合は、施設の環境対策も講じながら、収容率等、国の事務連絡や都道府県の定めるガイドラインに準拠した形で実施している。
喫煙スペース
利用者が密にならないよう工夫している。
具体的な方法
対人距離の確保について掲示物等により注意喚起

7.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

見出し
接触感染、飛沫感染のリスクを低減するため、更なる対策を実施している。
具体的な方法
利用者の導線が重ならないための案内
見出し
必要物資の管理を適切に行っている。
具体的な方法
感染症対策に必要な物資について、平時から使用した分をその都度補充し、常に一定量を備蓄している。
見出し
業務の継続性に配慮した対策を行っている。
具体的な方法
従業員の出勤停止等により通常の業務の継続が困難となる場合を想定し、優先的に継続する業務をあらかじめ選定したうえで、当該業務の人員体制を定めている。

宿泊施設の感染症対策について

1.主に宿泊客の感染予防

(1)入館・チェックイン・チェックアウト・支払
(2)館内利用

2.主に従業員の感染予防

3.施設・設備の衛生管理の徹底

4.取組の見える化

5.感染疑いがある場合等の対応

(1)宿泊客に感染疑いがある場合等の対応
(2)従業員に感染疑いがある場合等の対応

6.施設ごとの選択項目

 

7.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

体験事業者の感染症対策について

1.主に参加者の感染予防

(1)受付・支払
(2)体験中

2.主にスタッフの感染予防

3.取組の見える化等

4.感染が疑われる場合の対処方法

(1)参加者に感染疑いがある場合等の対応
(2)スタッフに感染疑いがある場合等の対応

5.施設ごとの選択項目

 

6.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

土産物店の感染症対策について

1.主に来店者の感染予防

(1)入店・支払
(2)店内利用

2.従業員の感染予防

3.店舗における感染予防

4.取組の見える化等

5.感染疑いがある場合の対応

(1)来店者に感染疑いがある場合等の対応
(2)従業員に感染疑いがある場合等の対応

6.施設ごとの選択項目

 

7.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

基本情報

住所
三重県伊勢市二見町茶屋566-2
営業時間
9:00~17:00(最終入館16時半)
定休日
火曜日(休日の場合は翌日休)
電話番号
0596-43-2003