類似サイトにご注意ください!

当サイトの情報をコピーした、類似サイトがインターネット上にアップされていますが、
当認証制度を主催する三重県とは一切関係はございません。ご注意ください。

夢古道おわせ

ユメコドウオワセ

お客様に安心してご利用いただけるようスタッフ一同、感染予防対策を徹底しています。お客様には入館時の手指の除菌・検温・浴室以外の館内でのマスク着用をお願いしております。脱衣場のロッカー利用数を半減し、サウナマットの配置にゆとりを設けました。ドアノブやお客様が使用されたロッカーはスタッフが巡回し、自社で開発したノンアルコール除菌スプレーヒノキスプラスで除菌しています。どうぞご利用くださいませ。

観光施設の感染症対策について

1.主に来場者への感染予防

(1)入場・退場・支払
見出し
来場者の検温を実施している。
具体的な方法
サーモグラフィ
見出し
発熱や体調不良等がある来場者は、入場しないよう要請している。
具体的な方法
入口での掲示
具体的な方法
従業員による呼びかけ
見出し
入退場時の密を回避する対策を行っている。
具体的な方法
足下誘導シールの使用
具体的な方法
注意喚起の案内表示
見出し
入口に消毒設備を設置し、入退場時等に手指消毒を実施するよう要請している。
具体的な方法
掲示物や立看板による掲示
具体的な方法
従業員による呼びかけ
見出し
チケット売り場等、窓口での飛沫感染防止対策を行っている。
具体的な方法
透明ビニールカーテンの設置
見出し
支払い時の感染防止対策を行っている。
具体的な方法
キャッシュレス決済の導入
具体的な方法
コイントレイの活用及び定期的な消毒
見出し
基本的な感染防止対策について注意喚起を行っている。
具体的な方法
掲示物や立看板による注意喚起
(2)施設利用
見出し
施設内の密を回避する対策を行っている。
具体的な方法
入場者数の制限
見出し
順番待ち等により列が発生する場合は、グループごとに1m以上空けるようにする。
具体的な方法
注意喚起の案内表示
見出し
トイレ利用時における注意事項について周知を行っている。
具体的な方法
掲示物による注意喚起

2.主に従業員の感染予防

見出し
従業員と常に連絡がとれるようにしている。
具体的な方法
緊急連絡網の作成
見出し
従業員の体温・体調をチェックしている。
具体的な方法
業務開始前に検温・体調確認を実施
見出し
マスク着用を遵守し、大声での会話を避けている。
見出し
手指消毒や手洗いを徹底している。
見出し
接客にあたっては、対人距離確保等の感染対策を行っている。
具体的な方法
来場者の正面に立たないよう注意し、対人距離をできるだけ2m(最低1m)以上確保する。
具体的な方法
距離を確保できない場合は、アクリル板等で遮蔽する。
具体的な方法
来場者への説明・誘導・質問回答等の場面で、直接会話する機会を減らすようにする。(マイクや案内板の利用、パネルや動画での説明等)
具体的な方法
パンフレット等の配布物は手渡しで配布せず据置き方式にする。
見出し
ユニフォームや衣服はこまめに洗濯している。
見出し
従業員に対し、感染症予防等に関する教育・情報共有等を行っている。
具体的な方法
従業員に関連資料を配布

3.施設・設備の衛生管理の徹底

見出し
十分に換気を行っている。
具体的な方法
窓の開放により行っている。
見出し
他人と共用する物品や複数の人の手が触れる設備等を、定期的に清掃・清拭消毒している。
具体的な方法
アルコール消毒液を使用した清拭消毒
見出し
ハンドドライヤー、共通のタオル等の使用に関し、適切に対応している。
具体的な方法
ハンドドライヤー・共通タオルなし
見出し
ゴミを回収する者の感染防止対策を強化している。
具体的な方法
マスク及び手袋を着用して作業し、作業後に手洗い・手指消毒を実施
見出し
ゴミ、リネン類等を回収する際に飛散しないよう対策をしている。
具体的な方法
ビニール袋に密閉して処理

4.取組の見える化等

見出し
感染防止対策を講じていることを周知している。
具体的な方法
施設内の見やすいところに掲示

5.感染疑いがある場合の対応

(1)来場者に感染疑いがある場合等の対応
見出し
来場者が感染疑いのある症状となった場合、初期対応を適切に行っている(行うこととしている)。
具体的な方法
初期対応について従業員に周知
見出し
来場者に感染疑いがある場合、「受診・相談センター」へ連絡し、その指示に従っている(従うこととしている)。
具体的な方法
連絡方法等について従業員に周知
見出し
保健所が行う感染者追跡調査等の結果、感染者が施設を利用していたことが判明した場合、感染拡大防止対策を適切に行っている(行うこととしている)。
具体的な方法
判明した場合の対応方法について従業員に周知
(2)従業員に感染疑いがある場合等の対応
見出し
従業員が発熱・風邪症状・体調不良の場合は、出勤停止(自宅待機または帰宅)させている。
具体的な方法
発熱等の対応方法について従業員に周知
見出し
従業員が感染もしくは感染疑いがある、濃厚接触者として判断された場合は、就業を禁止している。
具体的な方法
感染等の対応方法について従業員に周知
見出し
従業員に発熱・風邪症状・体調不良、感染疑いがある場合の対応を従業員に周知徹底している。
具体的な方法
従業員が、発熱・風邪症状・体調不良、感染の疑いがある場合は検査結果が判明するまで出勤を控えることなど、感染拡大を防止する上で適切な行動を徹底できるよう、会議や打合せの場で周知
見出し
従業員に感染疑いがある場合、「受診・相談センター」へ連絡を行うなど適切に対応を行っている(行うこととしている。)。
具体的な方法
「受診・相談センター」への連絡について従業員に周知
見出し
従業員の感染が判明した場合の感染拡大防止対策を適切に行っている(行うこととしている)。
具体的な方法
判明した場合の対応方法について従業員に周知

6.施設ごとの選択項目

飲食スペース
支払い時の感染防止対策を行っている。
具体的な方法
コイントレイの活用及び定期的な消毒
具体的な方法
手指消毒の徹底(金銭の受け渡し前)
飲食スペース
接客にあたっては、対人距離確保等の感染対策を行っている。
具体的な方法
来場者の正面に立たないよう注意し、対人距離をできるだけ2m(最低1m)以上確保する。
具体的な方法
距離を確保できない場合は、アクリル板等で遮蔽する。
飲食スペース
入場者に対し感染防止対策を要請している。
具体的な方法
掲示物や立看板による要請
具体的な方法
従業員による呼びかけ
飲食スペース
飲食時の感染防止対策を行っている。
具体的な方法
真正面に配席せず、席をずらすことや、横並びに座ることを促す。
具体的な方法
混雑時には入場制限する。
飲食スペース
飲食スペース内の衛生管理を徹底している。
具体的な方法
食器、テーブル、椅子、券売機等、飲食スペースにおける高頻度接触部位の消毒を徹底する。
ビュッフェスタイル
利用者の飛沫がかからないように食品・ドリンクを保護している。
具体的な方法
従業員が小分けする
ビュッフェスタイル
ビュッフェスタイルでの料理提供において感染防止対策を行っている。
具体的な方法
使い捨て手袋の着用
ショップ
支払い時の感染防止対策を行っている。
具体的な方法
コイントレイの活用及び定期的な消毒
ショップ
接客にあたっては、対人距離確保等の感染対策を行っている。
具体的な方法
来場者の正面に立たないよう注意し、対人距離をできるだけ2m(最低1m)以上確保する。
具体的な方法
距離を確保できない場合は、アクリル板等で遮蔽する。
ショップ
店内での販売物について、感染防止対策を行っている。
具体的な方法
見本品に触れる前の手指消毒の要請
ショップ
ガチャガチャ等について、感染防止対策を行っている。
具体的な方法
ガチャガチャ等なし
大浴場
フロントにおける飛沫感染防止対策を行っている。
具体的な方法
透明ビニールカーテンの設置
大浴場
対人距離(できるだけ1m以上)を確保し、会話を控えるよう注意喚起を行っている。
具体的な方法
掲示物や立看板による注意喚起
具体的な方法
従業員による呼びかけ
大浴場
化粧品、ブラシ等のアメニティの利用に関し感染防止対策を行っている。
具体的な方法
利用者に持参を要請
大浴場
大浴場利用者に発熱等の症状があれば適切な対応を行っている。
具体的な方法
対応方法について従業員に周知
大浴場
大浴場で多数の人が密集しないように工夫している。
具体的な方法
利用人数を設定して利用を制限し、掲示物により案内
大浴場
浴場の換気を強化している。
具体的な方法
窓を常時開放し換気強化
具体的な方法
窓を定期的に開放し換気強化
具体的な方法
機械設備により換気強化
大浴場
利用者がロッカーの使用時に密集しないよう工夫している。
具体的な方法
利用するロッカーの位置を指定し近接するロッカーがなるべく同時に利用されないよう調整
具体的な方法
利用者同士が1m以上の対人距離を確保できるよう混雑状況を見ながら利用時間を調整
大浴場
タオルの利用に関し感染防止対策を行っている。
具体的な方法
利用者に持参を要請
サウナ
対人距離(できるだけ1m以上)を確保するよう注意喚起を行っている。
具体的な方法
掲示物や立看板による注意喚起
具体的な方法
従業員による呼びかけ
サウナ
サウナでは、会話を控えるよう再度周知している。
具体的な方法
掲示物や立看板による注意喚起
具体的な方法
従業員による呼びかけ
サウナ
サウナでの感染防止対策を行っている。
具体的な方法
室内で共用使用するタオルやマットなどの使用を中止し、利用者又は施設において別途用意した清潔なタオル等を利用するよう促している。
休憩スペース
利用者に対し感染防止対策を呼び掛けている。
具体的な方法
掲示物や立看板による注意喚起
具体的な方法
従業員による呼びかけ
休憩スペース
テーブルの配置や間隔の確保に留意している。
具体的な方法
異なるグループ間が、相互に対人距離をできるだけ2m(最低1m)以上確保できるようテーブルを配置している。
従業員用の休憩スペース
従業員が休憩スペースを利用する際、基本的な感染防止対策を行っている。
具体的な方法
利用方法について従業員に周知
従業員用の休憩スペース
十分な換気を行っている。
具体的な方法
窓の開放により行っている。
従業員用の休憩スペース
共用物品について、感染防止対策を行っている。
具体的な方法
定期的な清拭消毒

7.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

見出し
必要物資の管理を適切に行っている。
具体的な方法
感染症対策に必要な物資について、平時から使用した分をその都度補充し、常に一定量を備蓄している。

宿泊施設の感染症対策について

1.主に宿泊客の感染予防

(1)入館・チェックイン・チェックアウト・支払
(2)館内利用

2.主に従業員の感染予防

3.施設・設備の衛生管理の徹底

4.取組の見える化

5.感染疑いがある場合等の対応

(1)宿泊客に感染疑いがある場合等の対応
(2)従業員に感染疑いがある場合等の対応

6.施設ごとの選択項目

 

7.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

体験事業者の感染症対策について

1.主に参加者の感染予防

(1)受付・支払
(2)体験中

2.主にスタッフの感染予防

3.取組の見える化等

4.感染が疑われる場合の対処方法

(1)参加者に感染疑いがある場合等の対応
(2)スタッフに感染疑いがある場合等の対応

5.施設ごとの選択項目

 

6.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

土産物店の感染症対策について

1.主に来店者の感染予防

(1)入店・支払
(2)店内利用

2.従業員の感染予防

3.店舗における感染予防

4.取組の見える化等

5.感染疑いがある場合の対応

(1)来店者に感染疑いがある場合等の対応
(2)従業員に感染疑いがある場合等の対応

6.施設ごとの選択項目

 

7.みえ安心おもてなし施設認証推奨事項

基本情報

住所
三重県尾鷲市向井12-4
営業時間
10:00~21:00
定休日
年中無休
電話番号
0597-22-1124